ライフ・ガジェット

ハイスペックPCでゲームを試したい人におすすめRocket e−cafeのレビュー

2020年12月末に自宅に来客があり自分が自宅にいない方が都合が良かったため、秋葉原のRocket e-Cafeでゲームをしてきました。

普段からApex Legendsを自宅で楽しんでいてPCのスペックはそこそこ良いのですが、普通のモニター(リフレッシュレートが60hz)を使ってプレイしているので、ゲーミングモニターでゲームをしす良い機会なのでRocket e-Cafeに行っていました。

PCでゲームを始めて半年強くらいでヘタクソ&そこまで詳しくないですが、これからPCでゲームを試してみたい人、ゲーミングPCを買いたいけど使い勝手を知りたい人は参考になるかな・・と思います。

Rocket e-Cafeの概要(料金体系やシステム)

Rocket e-Cafeは秋葉原駅から約3分のロケットアマチュア無線本館ビルの2~3階です。

私は西のほうに住んでいて中央線快速から乗り換えが面倒だったので、御茶ノ水駅から歩きました。御茶ノ水からでも10分もかからないのでそんなに遠くないですね。

料金の紹介の前に、会員登録の説明です。

最初に利用する場合はスマホにて以下の登録画面から会員登録が必要になります。

来店前に登録はできるので、事前に済ませておくとスムーズですね。会員登録の際はさらに身分証明書が必要になるので、免許証など忘れずに。

料金についての最新情報は公式HPを参照してもらいたいですが、私が行った時は以下のような料金体系でした。

※2〜3階が店舗になりますが、3階は通常のマンガ喫茶のため料金体系が異なります。

今回はゲーム料金のみご紹介します。平日、休日で座席料金が違って、座席料に加えて利用時間による金額が必要になります。

座席料は下記の通りです。

  • 平日282円(税込310円)
  • 休日327円(税込360円)

座席料金は利用ごとにかかるので、1利用あたり平日、休日にそれぞれの料金が必要となります。

利用時間に対する料金は一番右の列のゲーム料金がかかります。

私が利用した日は平日だったため、座席料金310円+1100円(3時間利用)の合計1410円(税込み)でした。

PaypayのQRコードがありましたし、実際にIDで支払ったためそこそこ電子マネーやQRコード系て支払うことは可能なようです。

なお、料金表に前払いチャージとありますが、PCを使う前に利用時間に応じた金額を支払います。

その後、実際にゲーミングPCに会員登録したIDでログインすると利用時間がカウントされる仕組みになっています。

私は1000円/3時間分の料金を払いましたが、何度も利用するなら6時間や10時間分の料金を先払いしたほうが得ですね。

ただし、チャージした金額は半年間のみ有効とのことなので、チャージしてしばらく遊びにいかず無駄にならないように注意ですね。

PCのスペックや環境利用できるゲーム

私がRocket e-cafe で利用したPCの主なスペックは↓です。

  • CPU:Core i7 9700K
  • メモリ:16GB
  • グラフィック:RTX 2070
  • モニター:MSI MPG27CQ

※キーボード、マウス、ヘッドセットはメモるのを失念。。ただ、いずれもMSIのものでした。

モニターが144hz対応でWQHDのものでしたので、自宅の60hzのものと比べるとヌルヌル動く感じが感動ものでした。あまりに滑らかなので少し酔ってしまいそうなくらいww

普通のモニターとの差をものすごく実感したので、単にゲーミングモニターを試してみたいと人にもおすすめかもしれません。

自宅のモニターがショボいので悲しくなる。。

他にもマウス、キーボード、ヘッドセットの質は自宅のものより良い感じでしたので、3時間で2回チャンピオンになることができました。

利用できるゲームは下の張り紙がしてありました。

私はApex Legendsしかやりませんでしたが、アップデートなどしなくてもログインすればすぐに利用できる状態でした。

これ以外にも再起動が必要ないゲームであればインストール可能なようです。

特に店員さんから説明がなかったので、大半の人はこのゲームを遊ぶのかな…。ホームページにこの貼り紙のキャプチャだけでも貼ってくれると親切かなーと思います。

利用して良かった点

PCのスペック自体そこそこ良いものなので、相当ハイスペックが要求されるゲーム以外は問題なく楽しめそうですね。

ゲーム自体は自宅の環境と変わらず・・というかそれ以上に充実していて満足しています。

利用した時間帯は朝の10時頃だったこともあり、利用し始めて1時間半くらいは他に客がいなかったので、周りを気にせずゲームに集中できました。

ただ、公式アカウントのツイートを見る限り満席になることもあるみたいなので、今回はたまたま人が少ない時間帯だったようです。

客が1人入ってからもヘッドセットで遮音されているので、特に気になることはありません。

ヘッドセットを外すとカチャカチャキーボードの音は聞こえますが気になるほどではないですね。

ボイチャをするとどうなるかやや気になるところ。。

このご時世で他人が使ったPCを使うのはやや不安でしたが、店内全般的にキレイで清潔感がありました。

公式twitterでもアピールしてますが、座席ごとの間に飛沫対策用のビニールシートが設置してあります。

入口には消毒液も設置してありますので、コロナ対策は普通にしてあります。

その他、食べ物の持ち込みは可能で、実際にパンをカバンに忍ばせていましたが特にチェックもされず普通に持ち込めました。

ドリンクバーも完備してあって、隔離された喫煙所もあります。隔離されているのでタバコ臭さもなく、非喫煙者、喫煙者の両方とも嬉しいところですね。

実際に利用して気になった点

ゲームをしていて1番気になったのはマウスのDPIの設定が自宅と違うので調整に手間取りました。。

こんな画面を探してなんとか調整したものの、設定している時間も課金対象なので最終的にはあきらめる…。

マウススクロールの下のボタンでDPIが切り替わるみたいで、ゲームもそのボタンを使うとDPIが変わるので、ボタンの割り当てを変更して使っていました。イレギュラーな環境なので慣れるまではとても苦労しますね。

それ以外にもWindowsボタンの無効化など、普段自分が使い慣れているものと仕様の違いは仕方ないですが発生してしまいます。

とはいえ、その分の良いスペックの環境でゲームができるのでさほどのデメリットではないのかな…と。

まとめ

Rocket e-Cafeを利用した感想をザッとまとめてみました。

正直もっと汚いところを覚悟してましたが、潔癖症でもなければ大半の人は問題なく利用できます。下手なネットカフェより数段きれいですし嫌な思いは全くありませんでした。

PCのスペックについても相当こだわりが強い人以外は満足できると思うので、単純におすすめです。そもそもこだわりが強い人はこういった場所を使わないでしょうからね…。

最初に書いたとおりPCのゲームってどんなもんだろう?試してみたいな!

と、考えている人にはちょーおすすめです。

実際に自分もゲーミングPCを購入した直後は、ゲームがド下手だったのでPCでプレイするゲームってどんな感じなんだろう?と体験するにはものすごく良い環境だな・・と思いました。

※実際にPCを購入した当初は下手すぎて買わなきゃ良かった・・と思ったこともww

あと、すでにゲーミングPCを持っている人にもたまには環境を変えて or より良い環境でゲームをしたいといったタイミングにもおすすめです。

オンラインゲームが主だと思うので、友達同士でも隣でプレイする必要はないですが、終わったあとプレイの確認なんかを直接話せるのはいいかもしれません。

同じような機会があったらまた行こうーと。

それでは。

-ライフ・ガジェット

© 2021 trunk28 Powered by AFFINGER5